お金のマインド

気づいた時にはもう遅い!将来困るのは「親の真似」が原因かも!?

こんにちは♡

投資OLゆうき(@ol_yuuki)です。

 

「OLも投資しましょう」という情報を発信していますが、それでも「本当にOLに投資が必要なのかな」と納得いっていない、なんてことはありませんか?

 

その理由の一つが「親は投資してなかったけど、特に不自由なく育ってきた」から。

正直なんとかなるんじゃないか、それなりの暮らしなら貯金で足りるんじゃないか。

だって、親はおろか周りでも投資なんてしてる家、なかったし…

 

こんな考えを持っている人は、今すぐ改めた方がいいかも。

親世代の成功事例にしがみついていると、令和の世で生き抜くのがどんどんハードモードになってしまいます!

親世代は、貯金してれば10年で倍以上にお金が増えていたという事実。

どうしても周りで投資をしている人がいないと、「本当に投資が必要なのか」と疑ってしまいますよね。

ましてや親が投資をしていないのにそれなりの暮らしをしてきたなら、親と同じような生活レベルで、親と同じように貯金をしていけばどうにかなるだろう、と考えてしまいがち。

しかし、親がアラサーだった時の世の中と、今の世の中は別世界と感じてしまうほど文化が違います。

 

まず、親がアラサーだった時は、スマホやパソコンなんて日常生活にはありませんでした。

どこかに出かけるなら、車に積んでいる紙の地図でルートを確認したり、デートの待ち合わせは家電にかけたり。

株を買うのも、今はオンライン上で誰でも簡単に取引できますが、当時は証券取引所まで出向いて、ハンドサインで取引されていたような時代です。

 

会社にいれば年功序列で年収は上がっていき、ゆうちょの定期預金の年利は8%。

だから、とにかくしっかり貯金だけしていれば、自分で投資をしなくてもお金が増えていったんです。

ちなみに、100万円を10年間ゆうちょの年利8%定期にいれていると、10年後には215万8,921円になります。

現在のゆうちょの10年定期預金の金利は0.010%。

10年後には100万1,000円になりいます。

 

この数字からわかるように、もう親世代と同じ方法ではお金は増えていかないんです。

「親はやってないから投資は必要ない」ではなくて、「親の時代は投資が必要なかった」が正解。

とはいっても、今アラ還の世代も貯金だけでは厳しくなりつつありますけどね。

今の12万円は30年後には7万円の価値しかない

変化しているのは金利だけではありません。

物価は上昇していきます。

この物価の上昇が、意外と盲点なんです。

 

例えば、アラサー世代の年金は、なんだかんだ今と同じ額がもらえるという説も結構有力なのですが、実はこれ、物価が上昇すると実質減ったのと同じことになるんです。

厚労省が出しているレポートでは、今24歳の人が55歳になる2050年に手取り17万円だった場合、もらえる年金は約12万円としています。

そしてこの12万円、物価上昇が影響して、2055年には現在の7万円の価値しかないとされているんです。

…毎月7万円で65歳から100歳までずっと暮らしていくなんて、厳しいですよね。。

 

これは貯金しているともろにダメージを受ける現象です。

もし20代のうちに1200万円の貯金ができたとしても、ずっと預金のままにしていると、65歳になるときには700万円の価値しかなくなってしまいます。

500万円どこ行った!

しかし、もし1200万円を運用していれば、時代の価値基準に合わせてお金が増減してくれるんです。

 

親世代は今から30年後だと、すでに90歳~100歳で寿命に近い年齢に。

それなら月7万円の年金でもなんとかなるかもしれません。

それに、若いうちに貯金していれば、目減りしているとはいえ貯えもあるはず。

 

しかし、私たちの30年後はまだ60歳。

人生100年時代なら、ほぼ折り返し地点のようなものです。

このことからも、親世代のお金の管理と私たち世代のお金の管理は、やはり違った方法を取るべきなのが分かります。

アラサーOLはアラサーOLの生存戦略をとろう。

では、私たち世代は一体どうしたらいいのか。

その答えが、「今から投資する」です。

 

60歳になった時にいきなり焦ってももう遅い。

老後に必要なお金を投資で作るには、多額の元本と高いリスクが必要になります。

しかし、アラサーのうちに始めて時間を味方につけることで、少ないお金と小さなリスクで大きな利益を上げやすくなるんです。

 

まずは、70歳で定年してからの30年間を生きるには、いったい必要になるのかを自分の手で計算してみてください。

仮に都内で夫婦2人で暮らすとして、家賃15万円、食費5万円、趣味3万円だったとします。

23万円×12カ月×30年は8280万円。

最近話題の2000万円どころの騒ぎじゃないですw

 

でも、今ここその事実に気づいて行動を起こせば、まだ間に合います。

まずは老後30年で必要になるお金を計算してみて、現実を受け止めるところから始めましょう!

ABOUT ME
投資OLゆうき
投資OLゆうき
初心者OLさん向けの投資信託のはじめ方&投資信託からのステップアップ方法│ OLさん向けのお金の有料オンラインサロン運営│普段はアラサー事務職OL