>>一人暮らしブログも更新中<<

初心者が米国株を始めるには、SBI証券と楽天証券とマネックス証券どれがいい!?

まえ

投資OLゆうきのアイコン画像投資OLゆうき

こんにちは♡

投資OLゆうき(@ol_yuuki)です。

知識ゼロから、投資でお金を増やしています!

この記事では、投資初心者で米国株にチャレンジしてみたい!という方にとって、オススメの証券口座はどれなのか?という目線で、SBI、楽天、マネックスの3社を比較していきます!

 

投資初心者さんのアイコン画像投資初心者さん
米国株を始めてみたいんだけど、証券会社ってどうしたらいいの?
投資OLゆうきのアイコン画像投資OLゆうき
SBI証券がおすすめ!
私も使っているよ!

 

高配当や成長性が魅力的な米国株。

投資してみたいな~と思った時に必要になるのは、やっぱり証券口座です。

 

おそらく、今お持ちの証券口座に簡単な手続きをすれば、すぐに米国株を買うことができるようになります。

が。

米国株の投資は、日本株以上に証券会社の相性が影響してきます!!

 

この記事では、投資初心者アラサー女子が米国株を始めるには、どの証券口座がオススメかについて、紹介していきます。

 

目次

結論。米国株はSBI証券がおすすめ

米国株のおすすめ口座としてよく挙げられる証券会社は、3つあります。

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券

 

よくオススメされているのはマネックス証券なのですが…投資初心者女子は絶対!!!SBI証券がいいです。

投資初心者さんのアイコン画像投資初心者さん
えっ!いつもあんなに楽天推しなのに!?
投資OLゆうきのアイコン画像投資OLゆうき
楽天は大好きだけど、米国株に関してはSBIの方が使いやすかったの!

 

SBI証券は、2019年秋ごろまでは、マネックスや楽天に比べて米国株取引の条件が悪いものが多く、正直1番使えない証券会社でした…笑

だけど、2019年秋に改定があり、今やマネックスと楽天に引けを取らない条件に!

 

そして、適度にシンプル&入金手数料が最安なので、投資初心者のアラサー女子にはSBI証券が1番おすすめなんです♡

 

\口座開設数No.1の証券会社/

SBI証券

 

 

 

SBI証券ならほぼ1日中米国株の注文ができる!

1つ目の理由は、取引時間の差。

 

楽天証券は、米国株の注文ができるのは、日本時間で15時~翌日6時まで。

対してSBI証券は、日本時間で朝10時半~翌日6時まで。(19時~19時半の30分だけは注文停止。)

マネックス証券は、24時間OKです。

米国株の注文可能時間
SBI証券 朝10時半~翌日6時(19時~19時半の30分は注文停止)
楽天証券 15時~翌日6時
マネックス証券 24時間

私はお昼休みに発注を入れておくことが多いので、楽天証券だと「株を買おう!」と思ったタイミングで注文が入れられず、そのまま発注し忘れてまう…ということがよくありました。

投資OLゆうきのアイコン画像投資OLゆうき
忙しい社会人は、好きなタイミングで注文しやすいSBI証券の方が使いやすいよ!

注文時間で比較するなら、マネックスもありですが…なぜマネックスをおすすめしないかは、また後ほど。

 

SBI証券の方が為替手数料が安い!

米国株をドルで買う場合、最初に今持っている円をドルに両替する必要があります。

投資OLゆうきのアイコン画像投資OLゆうき
円で米国株を買うこともできますが、手数料が高くつくのでドル購入がおすすめ。

ドル購入の場合は、銀行で円→ドルへ両替して、両替したドルを使って証券会社で米国株を買います。

やってみると意外と簡単ですよ!

詳しい米国株のドル購入(外貨決済)方法は、「SBI証券での米国株の買い方」で紹介しています▼

https://toushiol.com/sbi-us-buy/

 

この両替手数料(=為替手数料=スプレッド)が、SBI証券が安いんです♡

まあ、実際の取引で計算すると数十円の差なんですけどw

スプレッド

売値と買値の差のこと。

手数料と思ってOK。

 

売値と買値の差を設けることで、証券会社は差額が利益になる。

FX会社は売買手数料を無料にして、スプレッドで会社の利益を取ることが多い。

 

そのため、差額が小さければ小さいほど、私たち投資家にとってはメリットがある。

 

為替手数料は、1ドルあたり、SBI証券4銭(0.04円)、楽天証券は25銭(0.25円)です。

1ドル=100円で5万円をドルに両替する場合、約500ドルになるので、SBIだと約20円、楽天だと約125円の為替手数料がかかる計算です。

 

マネックス証券は、2020年4月までは買付時の手数料は無料。

4月に見直しが入り、このまま無料が続くかもしれないし、改定されるかもしれないし、という状況です。

 

米国株の為替手数料
スプレッド(買付時) 5万円の為替手数料(1ドル=100円)
SBI証券 4銭(0.04円) 20円
楽天証券 25銭(0.25円) 125円
マネックス証券 0円 0円

 

5万円両替時の為替手数料の差は、缶コーヒー1本分くらいの差ではありますが、抑えられる手数料は抑えておきたい!

それに、取引額が大きくなればその分手数料も増えるので、予めできるだけ低い手数料である方が安心です。

手数料の観点からも、SBIに軍配が上がりますね♡

 

投資OLゆうきのアイコン画像投資OLゆうき
ちなみに、SBI証券の方が手数料が安いというよりは、正確にはSBI証券は手数料を安くする裏ワザがあるって感じ!

裏ワザについては、下記記事で紹介しています♡

https://toushiol.com/sbi-us-buy/

 

投資初心者さんのアイコン画像投資初心者さん
でもさ、めっちゃSBI推してくるけどさ、マネックスならスプレッド0円なんだよね?

注文時間も24時間だし、SBIよりマネックスの方がよさそうに見えるんだけど…

投資OLゆうきのアイコン画像投資OLゆうき
今のところはね!

でも、圧倒的にSBIが勝っているポイントがあるの!

 

上級者はマネックス証券もあり!だけどアラサー女子はやっぱりSBI証券の方がおすすめ!

SBI、楽天、マネックスについて比較してきましたが、正直SBIよりマネックス証券の方が取引条件がよさそうですよね。

投資初心者さんのアイコン画像投資初心者さん
マネックス証券じゃダメなの?
投資OLゆうきのアイコン画像投資OLゆうき
マネックス証券でもいいよ!私はSBI証券推しだけど!

 

マネックス証券は、取り扱い銘柄と注文方法は、SBI証券と楽天証券より圧倒的に優れています。

SBI証券 楽天証券 マネックス証券
扱銘柄数 1,850銘柄 2,665銘柄 3,253銘柄
注文方法 成行、指値、逆指値 成行、指値 成行、指値、逆指値(成行)、逆指値(指値)、トレールストップ、トレールストップ%
注文期間 90日 90日 90日
注文可能時間 朝10時半~翌日6時(19時~19時半の30分は注文停止) 15時~翌日6時 24時間
注文上限 25万株 25万株 特になし
為替手数料 25銭 25銭 25銭
取引手数料 約定代金の0.45% 約定代金の0.45% 約定代金の0.45%
米ドルの入金 住信SBIネット銀行を使うと無料 SMBC信託銀行と三井住友銀行が利用可能。SMBC信託銀行は事前登録で、手数料が4,000円→1,000円に。 1万米ドル以上でマネックス指定のみずほ銀行へ送金。手数料5,000円。

 

それでもSBI証券をオススメする理由は3つです。

 

今後、SBIが手数料最安値になる可能性があるから

マネックス証券は米ドルの入金手数料が高いです。

 

米国株を購入するときに必要なお金を用意する方法は、2つ。

  1. 証券口座に円を入金して両替する(スプレッドが発生)
  2. 証券口座に直接ドルを入金する

 

①の円を入金して両替する場合、現時点ではマネックス証券は手数料無料です。

しかし、直近だと4月に見直しが予定されており、手数料が無料でなくなる可能性もあります。

そうなるとおそらく、SBI証券のスプレッド4銭が最安になります。

投資初心者さんのアイコン画像投資初心者さん
なるほど、SBI証券の方が手数料が安くなる可能性があるんだね!
投資OLゆうきのアイコン画像投資OLゆうき
そう!しかも、もしドルで入金するならマネックス証券は手数料が5,000円もかかるんだよ!
投資初心者さんのアイコン画像投資初心者さん
5,000円…!?

 

②の証券口座へ直接ドルを入金する場合、マネックスの手数料はなんと5,000円!

楽天証券も最低でも1,000円かかります。

だけど、SBI証券なら無料です♡

 

口座が増えると管理が大変だから

マネックス証券は米国株の取引には優れていますが、日本株や投資信託に関してはSBI証券に分があります。

 

特におすすめなのが、SBI証券のiDeCo。

SBI証券はiDeCoのラインナップが楽天証券より豊富で、私もSBI証券で積立て投資しています。

 

SBI証券は、Tポイントを使ったポイント投資をすることもできます。

 

また、SBI証券と住信SBIネット銀行を連携させることでかなり使い勝手が良くなり、振込手数料が無料になったり、目的別に口座を分けたりすることができますよ。

 

住信SBIネット銀行は、ポイントサイトやモニター報酬の振込先としても指定できることが多いので、そのお金をそのままSBI証券の投資に回すこともできます。

私もメインバンクは住信SBIネット銀行です。

 

もしマネックス証券の口座を使うなら、マネックスの口座は米国株専用になりやすいです。

しかし、SBI証券なら汎用性が高く他にも使い途があるので、保有する口座を集約しやすくなります。

 

口座がたくさんあると保有銘柄や資金の管理が大変!

まとめられるものはまとめておいた方が、後々楽になります。

 

マネックス証券は機能が豊富で初心者にはわかりづらいから

マネックス証券は米国株の注文方法が豊富で、上級者向き。

逆指値(成行/指値)、トレールストップのような、聞き慣れない注文方法を使うことができます。

 

今後がっつり米国株へ投資して行くなら、マネックス証券の口座もあり。

だけど、ちょっとやってみたいな…くらいの気持ちだったら、必要最低限の機能に抑えられたSBI証券の方が、シンプルでわかりやすいです。

 

マネックス証券は、たしかに取り扱い銘柄数は豊富だし、注文方法も多様で機能的には優れています。

でも、それを投資初心者~中級者が使うのか、と言われると否。

 

今後、がっつり米国株投資をしていきたい!という方はマネックスを選択肢に入れるのもアリですが、そうでないならSBI証券を選んでおく方が無難ですよ。

 

投資初心者が米国株を始めるなら、SBI証券で口座を開設しよう!

では、おさらいです!

[cat_fusen02 title=”SBI証券のメリット”]

  1. 注文可能時間が長い
  2. 手数料が安い
  3. シンプルで分かりやすい
  4. 米国株以外でも使える

[/cat_fusen02]

以上の理由から、投資初心者さんはSBI証券で米国株を始めましょう!

\口座開設数No.1の証券会社/

SBI証券

 

 

SBI証券での米国株投資の始め方(入金~発注)は「SBI証券での米国株の買い方」で紹介しています▼

https://toushiol.com/sbi-us-buy/

 

米国株の勉強には、バフェット太郎さんの「バカでも稼げる「米国株」高配当投資」がオススメです▼

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる